家の模型

長持ちしやすいヘーベルハウスの外壁塗装!定期塗り替えでより頑丈に

外壁塗装のサイクルはどのくらいが理想か

外壁塗装の様子

外壁塗装は時間と共にひび割れなど劣化が出てきてしまいます。その劣化は見た目の問題だけではなく、壁を保護する力の低下などとても重要な問題を抱えています。そのため、劣化した外壁塗装をそのまま放置してしまうと、壁自体が傷んでしまう恐れがあると言えるでしょう。外壁塗装は住宅の健康を守る大切なものだと覚えておきましょう。そんな外壁塗装ですが、どのくらいのサイクルで塗り替えをするのがオススメなのかを紹介していきます。
例えばヘーベルハウスの塗装は30年もつと言われていますが、一般的な塗料では15年程度が寿命であると言われています。安い塗料だと、もっと早く塗り替えたほうがいいケースも少なくありません。理想は、10年程度で一度業者にチェックを入れてもらうことです。ヘーベルハウスなどのハウスメーカーはメンテナンスや点検などのアフターケアを行なっている場合も多いので、そういったものを利用してまだ外壁塗装は必要ないのか確認しましょう。
ヘーベルハウスのような長持ち塗装でも、想定よりも早く塗り替えが必要になる可能性がありますので、安心しきってずっと放置してしまうことはあまりオススメできません。外壁塗装のサイクルについて興味があったという方は、どうぞ参考にしてみてください。

外壁塗装は10年から15年を目安に点検と塗り替えを行うのが適切

最近ではヘーベルハウスなどが30年外壁塗装が持つ住宅などを販売していますが、基本的に外壁塗装は10年から長くても15年程度で塗り替えが必要となってきます。ヘーベルハウスのような長持ちの外壁塗装でも、一応それくらい経った頃には一度点検をしてもらったほうが良いと言えるでしょう。環境によっては外壁塗装が傷みやすい環境もあるので、ヘーベルハウスの外壁塗装でも油断せずに点検するというのはとても大切なことです。
また、10年や15年は経っていなくても、見た目にひび割れや腐食など明らかな劣化がある場合には、塗り替えのサインです。そういったサインを見逃さないということも大切です。もう外壁塗装がダメになってしまっているのにそのまま放置してしまうと、壁までやられてしまい被害が拡大してしまう危険性があります。そうならないように、長持ちの塗装を施している場合にも、劣化具合は大丈夫なのか気にしておくようにしましょう。そうすれば、いざという時にすぐに対応できると言えるのではないでしょうか。
大切な住宅を守るためにも、ここまでで紹介してきた情報はぜひとも頭に入れておくようにしておけば、大きな失敗をせずに済むでしょう。

外壁塗装の役割はどういったものなのか

外壁塗装というと、家の外観を整えるために大切な要素だということはみなさんご存知なのではないでしょうか。しかし、実は外壁塗装の役割はそれだけではありません。外壁塗装には、壁を守るというとても大切な役割があるのです。壁に塗装を施すことによって、外の紫外線や排気ガス、雨風などから壁を保護します。この塗装がないと、壁はすぐに傷んでしまい家の健康は損なわれてしまうと言えるでしょう。
このように外壁塗装には非常に重要な役割があるため、最近ではヘーベルハウスなどが30年もつ外壁塗装の家などを売り出しています。家の健康をしっかりと守りたいと考えている方は、そういったヘーベルハウスのような長持ちの外壁塗装の家に住むことをオススメします。またヘーベルハウスの壁も万能というわけではありませんから、環境によっては30年経たないうちに外壁塗装の塗り替えの必要が出てくる可能性があります。何よりも大切なのは、定期的なチェックです。見た目でも外壁塗装の劣化というのはあらわれてくるものですから、おかしいなと思ったらすぐにでも業者に連絡をして塗装を塗り直してもらうことをオススメします。そうすれば、大きな問題になる前に対処できるでしょう。


長持ちしやすい頑丈なヘーベルハウスの外壁塗装なら【マルキペイント】に依頼してみてはいかがでしょうか!ワンランク上の塗装工事が可能ですよ!

News